性能が中途半端なために、コアなバイクファンからすると125ccのスクーターは選ばれにくい傾向にあります。
50ccならば街中をスムーズに移動することが可能ですし、250ccに乗ればバイクに乗る面白さも実感できるため、その間にある125ccが選ばれることはあまりありません。

しかし、125ccの魅力は50ccと同様にコストパフォーマンスに優れており、またそれでいてバイクで駆け抜ける面白さをある程度満たされている点にあります。
中途半端な性能であると表現しましたが、それは裏を返せばバランスが取れているということになるのです。

実用性と楽しさの両立

ホンダのSh modeはまさに楽しさと実用性のどちらの要素も兼ね備えたスクーターであると言えるでしょう。
このマシンの大きな特徴はやはりアイドリングストップとデザイン、そして安定性にあります。

自動車には既に取り入れられていることも多い自動アイドリングストップの機能ですが、これをバイクに取り入れているのはホンダの大きな特徴です。
この機能が採用されていると、立ちあがりに不安感が残るものです。
一度エンジンが止まってからスロットルを開けてエンジンを再始動させるまでのラグが広いと、何とも言えない違和感が発生してしまいます。
しかし、そのようなSh modeではそのような不安を感じさせることなくリスタートが可能。立ち上がりで充分な加速ができ、横風からもハンドルを取られない直進安定性も実現されています。

実はこの安定感のある立ち上がり及び走行には、ホイールに秘密があります。Sh modeでは、前輪は16インチ、そして後輪には14インチのホイールが採用されており、凹凸の激しい路面状況であったとしても安定して走ることが可能なのです。
この案程性は実用性にも直結してきます。

店舗に入る際には一度歩道に乗り入れる必要がありますが、一般的なスクーターだと乗り入れの際に少しハンドルが取られてしまうこともあるため非常に危険です。
しかしSh modeが実現した安定度では、そのような場合にもしっかりとタイヤが路面を捉まえてくれますので、ハンドルが取られてしまうこともありません。
またハンドルの高さや幅の広さに関しても最適化がなされているため、運転の最中だけでなく、押して歩く際にも驚くほどスムーズに動かすことが可能となっており、この安定感も魅力の1つとなっております。

エレガントなデザインでオシャレを演出

また、デザインに関してもエレガントなデザインに整っている点も注目すべき点です。
色はパールイージーシープゴールドとパールジャスミンホワイト、ポセイドンブラックメタリックの3種から選ぶことが可能で、ゴールドにはエレガントでオシャレ、ファッションの一部としても乗れるようなデザインであるという特徴があり、またかっこいいイメージが出るブラックも捨てがたいです。
ユーザーに性別を問わない点がSh modeの特徴であると言えるでしょう。