プジョー

プジョーは車を製造したり、最近では自転車も製造しているため、この名前を聞くとこれらのキーワードを想像される方も多いです。
特にプジョーの車は日本でも人気が高く、街中にはディーラーも多いため、何度か見かけたことがある人がほとんどなのではないでしょうか。

日本ではマイナーなプジョーのスクーター

日本ではあまり知られてはいませんが、実はプジョーの自動二輪車はヨーロッパ諸国の中では割とメジャーな立ち位置となっています。
自動二輪車は日本国内でも、ホンダやヤマハ、スズキ、カワサキといったメーカーが人気を博しているだけでなく、BMWやハーレー、べスパなどの海外メーカーもあるため、参入する余地があまり残されていないため、知名度としては低く収まっていました。
いわばマイナーな存在ですが、プジョーならではの特徴もあるため、ファン層はある程度は獲得しています。

プジョースクーターはレトロなデザインが特徴的なヴォーグ、50㏄、100㏄、125㏄スクーターに分かれますが、それもスタイリッシュなデザインに仕上がっています。
ヘッドライトはつり目で、プジョーの自動車を彷彿とさせるデザインの物が多く、形状に関しても丸みを帯びているような可愛らしい物とは対照的に尖ったデザインになっており、かっこよく整っています。

また女性をターゲットにしたスクーターも作られています。
こちらはおしゃれで可愛いフォルムを出すために、デザインが丸まっており柔らかさが表現されています。

乗り心地と実用性に長けている

プジョースクーターの良さはスポーツタイプのようなかっこいいデザインだけではなく、機能性にもあります。
自動車で開発されたエンジンのノウハウを存分に活用されていることで、走りに力強さが表れているのがプジョースクーターの大きな特徴です。
また、サスペンションが高品質なため、乗り心地に関しても抜群に良いです。
この他にも、無象式ケーブルロックを備えているなど、セキュリティ面に関してもしっかりとなされているため、安心して使えます。

またヴォーグはプジョーが自動二輪車の製造を開始した当初よりある伝統的なバイクです。
ペダルを漕いでエンジンをかける、日本では依然はポンポンとも言われたタイプのバイクで、製造開始当初より何度かモデルチェンジは重ねてきてはいるものの、デザインに関しては伝統を受け継いでいるため、現代で使うとレトロで独特なオシャレにも活用が可能となっております。

機能性とデザインのバランスが取れているのがプジョースクーターの特徴です。
特にスクーターに個性を求める人にはお勧めのブランド、それがプジョーです。
クールさが演出されているデザイン、そして乗り心地の良さ、走りの爽快感を存分に楽しむことが可能なブランドとなっています。