HONDA

スクーターには数多くの魅力があるのは皆さんもうご存じだと思います。有名な自動車、オートバイメーカーからは数多くの種類のスクーターが販売されているのがその裏付けですよね。

非常に楽で気軽に運転でき、今まで行けなかった範囲まで自分の行動範囲とする事の出来るスクーターは、コストパフォーマンスにも優れた乗り物です。

スクーターを販売するメーカーの中にはHONDAも含まれます。自動車メーカーとして知られるHONDAも50ccスクーターを販売しているのです。HONDAは世界的に有名な自動車メーカーで、俗にいう「HONDA党」と呼ばれるHONDAを心から愛する人達を沢山産みだしてきた人気メーカーです。

HONDAのバイクや車に乗る人の中にはHONDA車しか乗らない、という人が存在します。勿論それはHONDA車の性能などに魅せられた人が多いのですが、HONDAという会社そのものに強い共感を持つ人が多いのです。

HONDAの創業者である本田宗一郎さんの偉人伝などを読んだ人は尚更その思いが強く、HONDAこそ唯一無二の自動車、バイクメーカーであると断言する人も中にはいます。

HONDAのスクーター

そんなHONDAから販売されている50ccスクーターには、Dio、ZOOMER、Todayなどが代表として挙げる事ができます。それぞれに特徴があり、それぞれに人気の秘密があります。ここでは車種ごとに特徴やスペックなどをご紹介したいと思います。

まずDioですが、この車種はHONDAが長い間販売を続けているスタンダードモデルです。今でも街中を走っている姿をよく目にする事が出来るスクーターです。

車体の全長は1,710、車両重量は81キロと非常にコンパクトかつ計量なスクーターです。女性から男性、若者から年配者まで多くの方が現代でも愛用しているモデルとしても有名です。

Hondaの定番バイク
ZOOMERは2001年から販売されているスクーターで、その個性的なデザインから多くの若者を虜にしてきたスクーターでもあります。水冷4ストロークエンジン搭載のZOOMERはそれだけで他の原付スクーターと一線を画す存在となっています。その孤高とも受け取れる存在感に惹かれる方は今でも多く、人気の車種です。

Todayは2002年から販売されているスタンダードモデルです。こちらもDio同様に幅広い年齢層から支持されているモデルで、男女問わずに人気の高いモデルです。

まるでネイキッドバイクとスクーターを融合させたようなスタイルを持ち合わせたバイクで、4ストロークエンジンを搭載しています。エンジンの特性上加速性能に若干劣りますが、燃費は非常に良いです。

HONDAのスクーターはこれらの他にも色々なタイプが存在し、それぞれにしっかりとした特徴があります。やはりスクーターはHONDA、という人は未だに多く、その人気の高さがうかがえます。特に燃費性能にはHONDAの拘りを見る事ができます。

またHONDAと言えばエンジンの精密さが有名で、これは自動車にしろバイクにしろ同じと言われています。エンジンが精密という事はすなわち丈夫という事で、エンジンに関するトラブルや故障は少ないというのがHONDA車の特徴でもあります。

このようにHONDA車にはHONDA車なりの特徴やメリットが存在します。これから原付スクーターを購入しようと考えている方はそのような特徴やメリットを考慮しながら購入を決める必要があります。

これはHONDAに限らず他メーカーでも同じ事で、特徴やメリットをよく理解したうえで購入する事が後々後悔する事も少ないのではないでしょうか。楽しいスクーターライフを送る為にも情報は沢山集めたほうが良いでしょう。