ヘルメットの選び方

バイクに必須のヘルメット

バイクに乗るのであれば、やはりヘルメットは必須です。
みなさんは、バイクに乗るときに必ずヘルメットをかぶりますよね。
それがどうしてなのか、説明するまでもありませんが記述をしてみたいと思います。
車の事故の場合、何かあっても車が中にいるひとを守ってくれる可能性がありますよね。
車は衝撃を吸収することができるように柔らかく造られていますが、バイクは人を守るものそのものがありません。バイクで転べば、もしかしたら命がなくなってしまうかもしれません。
バイクは体がむき出しのまま跨ってのる乗り物ですので、どうしても「万が一」の時に体にダメージがきやすいというデメリットがあります。
だからこそ、バイクに乗るときはきちんと対策をして、できるだけ命を守ることができるようにしていかなければなりません。
だからこそ、バイクに乗る時はヘルメットが本当に大切なのです。

ヘルメットはどう選んだらいいの?

では、ヘルメットはどう選んだらいいのでしょうか?
まず当たり前のことですが、ヘルメットはバイク屋でしっかりバイク専用のものを選ぶことです。
そして、頭の大きさにサイズがあっているかどうか。
きちんと被ることができたとしても、バイクに乗っているうちに「きつくなる」ということもありますので、そういったことがないかどうかを確認されることも大事ですね。
ヘルメットはいくつかかぶって、できれば店員さんに聞きながら自分にぴったりなものを選ばれることをお勧めしたいですね。

ヘルメットにも種類がたくさんありますが、長いツーリングになる場合は「フルフェイス」といって顔と頭全体を覆うことができるものをおすすめします。
これはあごまできちんと覆うことができるタイプのヘルメットになりますので、転んだときのダメージの吸収もいいですし、安心してバイクに乗りたいと考えている人にはこちらをおすすめしたいですね。
また、大型バイクや中型バイクに乗ることが多い人も、オススメはこちらのバイクになります。
スクーターなどに乗る場合は「ハーフキャップ」と呼ばれるヘルメットが人気ですが、こちらは耳の部分をカバーすることができないなどのデメリットもありますので、できればもう少し覆う部分があるものを選ばれるといいのではないかと思いますよ。
バイクも、ヘルメットひとつでだいぶ安先生が変わってきます。
バイクを安全にのりこなすためにも、「良いヘルメット、自分を守ってくれるヘルメット」を選ばれることをお勧めします。