バーグマン200

SUZUKIが「スカイウェイブ」の海外シリーズに使ってきた車名を受け継ぐ200ccの「バーグマン200」

「バーグマン」とは、スズキが「スカイウェイブ」の海外シリーズに使い続けてきたバイク名で、この名称を受け継ぐ形で、日本で2014年に発売されたのが、「バーグマン200」です。
この機種は、以前から欧州などで販売され、好評を得てきました。

国内では、コンパクトで扱いやすいが高速道路に乗れないなどの残念な評価もある「アドレスV125」と、走りは快適であるものの日本の制約ある道路事情では持て余すこともある「スカイウェイブ250」との中間を補う位置づけのモデルとして、発売が開始されました。

200ccの力強い加速力を持つエンジンは、スリムなボディやスムーズな走りを生み出すスズキのVベルト無段変速CVTと相まって、市街地走行から高速道路まで、様々なシチュエーションでの走りをサポートしてくれます。
まさに、スカイウェイブの弟分といったところです。
タンク容量は10Lもあり、燃費の良さとの相乗効果で、長距離ツーリングも実現してくれます。

スカイウェイブを彷彿とさせる200ccエンジンとトランスミッション

軽量・コンパクトな200cc水冷4サイクルSOHC4バルブ単気筒エンジンは、最高出力14 Kw(ネット19 PS)、最大トルク17 N・m(1.7kgf・m)で、低速から高速まで、市街地走行から高速道路走行まで様々な条件下で、タンデム乗車時も含め十分なパフォーマンスを得ることができます。
カラーは、ブリリアントホワイト、マットフィブロイングレーメタリック、マットブラックメタリックNo.2の3色で、その精悍なイメージはスカイウェイブを彷彿とさせてくれます。

また、装備面では、ヘルメット2個が収納可能なシート下のトランクスペースがあり、シートを開けば点灯する照明付きで、シートを閉じれば自動的に消灯し、夜間にちょっと嬉しい機能です。
フロントパネル内には2つのボックスが装備されており、1つはロック付きのフロントボックスで、もう1つはミニボックスです。
ボックス内にはスマホの充電ができるアクセサリーソケットが装備されているので万が一の時も安心です。

走行性能については、やはり先輩格のスカイウェイブにはかなわないものの、軽量であるため取り回しが楽で、特に市街地走行が軽快だと評判です。

また、車幅が狭く、狭い駐輪場でも出し入れがしやすいことが、購入のきっかけだという声も多くあります。
発進時には5000回転/分以上の高い回転数が必要だとの声も多いですが、これは慣れではないでしょうか。

走りだせば高回転は必要ありませんので、エンジンに負荷をかけすぎるということはありません。
高速走行では、燃費を考慮しても80km~100kmでの巡行が快適で、追い越しが必要な場面では110kmまですぐに到達します。