スカイウェイブ

自動車のイメージ

自動車メーカーでありバイクメーカーでもあるスズキからは沢山の車種が販売されています。
スズキと言えばどうしても軽自動車のイメージがついてまわってしまうかもしれませんが、バイクも沢山販売されており、スクーターバイクなども販売されています。
ここではスズキが製造販売するスクーターバイク、スカイウェイブについてご紹介したいと思います。
スカイウェイブは、それぞれの排気量ごとに車種が存在します。
現在では250ccと400cc、650ccのバイクがラインナップされています。
1998年に発売されたスカイウェイブ250はスズキが初めて製造した大型スクーターだったのですが、スクーターブームの後押しを受ける形で思わぬ大ヒット商品となりました。
それにより同年スカイウェイブの400ccタイプも追加されたのです。
スカイウェイブは優れた走行性能を備えたスクーターバイクで、今でも大型スクーターの購入を考えている人の頭を悩ませているそうです。

スクーターバイクの魅力

大型スクーターはHONDAのフォルツァ、YAMAHAのマジェスティなどが代表ですが、このスズキスカイウェイブも決して引けを取るものではありません。
その為大型スクーターを買おうと思ってもどれにしようと迷ってしまう人が非常に多いのです。
同じスカイウェイブでも250ccと650ccとではまた評価が変わってくるのは当然の事です。
250ccの場合はハイパワーエンジンに加え軽量ボディという事もありスポーツ走行もこなしてくれるでしょう。
それに比べると650ccのスカイウェイブは当然車重も重く、ブレーキも甘くなってくるのでスポーツ走行をするには向いていないと言えるでしょう。
最もスクーターバイクの魅力というのはスポーツ走行よりもゆったりと乗れる、という面が大きいので、スポーツ走行の良し悪しはそれほど問題ではないでしょう。
スポーツ走行出来なくても恋人などとゆったりタンデム走行を楽しめるのがスクーターバイクのメリットだと思います。