スカイウェイブ400タイプS

SUZUKI「スカイウェイブ400タイプS」は「250cc」の兄貴分

スカイウェイブは、「スカブ」の愛称で定着している1998年に登場したSUZUKIのビッグスクーターです。
「250cc」と「400cc」の2つの排気量が設定されており、これはベースを同じくする兄弟車種で、スカイウェイブ400タイプSは250ccの兄貴格です。

カラーは、マットフィブロイングレーメタリックとパールブレーシングホワイトの2色から選べます。
エンジンは、水冷・4サイクル・単気筒DOHC・4バルブ総排気量399cm3、最高出力は、23kW(31PS)、最大トルクは、33N・m(3.4kgf・m)です。

走行性能・環境性能・安全性を高次元で調和させたパフォーマンス

水冷DOHC4バルブ単気筒エンジンは、低回転から高回転まで、全回転域で高いパワーを発揮し、高速道路でのタンデム走行でも余裕のある加速性能を有しています。
ECMによって的確に制御された燃料噴射システムは、常に最適な燃焼を管理し、燃費向上、排ガス中の有害物質の低減に効果を上げます。

大容量サスペンションを採用したリンク式リヤダンパーは、1人乗りでもタンデム走行でも、市街地走行から高速道路走行まで、幅広く、安定的かつスポーティな走行性能を実現してくれます。
重量のあるサスペンションユニットが車体下部中央に設置され、車体が低重心に設計されていることも、安定した走りに役立っています。

フロントタイヤには14インチタイヤ、フロントブレーキには直径260mmの大径ダブルディスクを、リヤタイヤには13インチの大径タイヤ、リヤブレーキには直径210mmのシングルディスクを採用しており、高い安定性と高い制動力を確保しています。
電子制御のABSは、前・後輪のホイールスピードセンサーで前・後の車輪回転速度を感知して、ABSユニットがブレーキ圧の加圧と減圧を自動的に繰り返し、ブレーキの効果をコントロールしてタイヤのロックを防ぐ機能です。
高い制動能力を転倒の危険なく、安心して発揮させるには必須の機能でしょう。

しかし、コーナリング中のブレーキによるタイヤの横滑りはABSでは対応できませんので、この機能を過信することなく、安全運転が必要です。

スカイウェイブ400タイプSの評判

走行性能については、スタート時は比較的ゆったりと加速するが、スピードが乗るととてもトルクを感じる加速感を味わえるようで、日常の市街地走行では、不足を感じる声はありません。
1000ccバイクとのツーリングでも普通に走れば、高速であれ峠道であれ不満はないようです。

シート下の、開口部の幅や深さが考えられたトランクスペースは、大容量(63L)で、フルフェイスヘルメット2個、A3サイズのアタッシュケースも収納可能という大きさで、一泊のツーリング等で抜群の威力を発揮するようです。
また、ブレーキとABSに対する信頼も高く、ダブルディスクブレーキが採用されたフロントタイヤのロックは転倒の危険が高いのですが、電子制御ABSは万が一の際のフルブレーキも安心だとの声は多いです。