スカイウェイブ400リミテッド

SUZUKI「スカイウェイブ400リミテッド」はちょっと贅沢気分が味わえるプラスアルファの装備

スカイウェイブは、1998年に登場したスズキ初のビッグスクーター、スカイウェイブ「250cc」「400cc」の排気量エンジンが設定された、基本的に同一構成の兄弟車種で、スカイウェイブ400リミテッドは最上級グレードの兄貴分です。
スカイウェイブ400リミテッドは、400ccのベース車に、リミテッド仕様が施された豪華版です。

カラーは、マットフィブロイングレーメタリックとパールブレーシングホワイトの2色が選べます。
エンジンは、ベース車と同じ、水冷・4サイクル・単気筒DOHC・4バルブ総排気量399cm3、最高出力は、23kW(31PS)、最大トルクは、33N・m(3.4kgf・m)です。
リミテッドの専用装備の内容は、ロングスクリーン、グリップヒーター、ナックルバイザー、大型バックレストの4つです。

リミテッドの特別装備の詳細

ロングスクリーンは、風洞実験を繰り返して得られたデータを活かした滑らかな曲面形状のロングスクリーンで、高い整流効果により高速走行時の風圧や寒冷季節の冷たい風、雨などからライダーを守ってくれるとともに、スカイウェイブの精悍でシャープなスタイルも引き立てます。
グリップヒーターは、冬季の早朝や厳寒時など、指先を温めてくれ、安定したハンドル操作をサポートします。
グローブをしたままでもON/OFFの切り替えが楽な、プッシュボタン式が採用されており、リミテッドならではの心配りが感じられます。

ナックルバイザーは、グリップをカバーしてくれ、防風効果を高めるとともに、グリップヒーターとの相乗効果で、オールシーズン、快適なライディングを愉しむことができます。
大型バックレストは、タンデム走行の際、パッセンジャーの腰をしっかりホールドしてくれ、走行時の高い快適性と安心感を与えてくれます。
バックレストの背面には「Limited」の専用エンブレムが施され、市街地走行でもその存在感を示し、少しリッチな気分が味わえます。

特別仕様の評判

ロングスクリーンとナックルバイザーは、その相乗効果で、雨に当たっても濡れにくいと評判です。
少々の雨なら濡れないので、カッパが必要になるのは土砂降りの時くらいでしょう。

ただ、夏場は高原のツーリングなどで風を感じたいこともあるでしょうから、そんな場合にはショートスクリーンを購入して交換し、ナックルガードを取り外せば、涼しい風を感じるツーリングが可能になります。
グリップヒーターは、ナックルバイザーがあるので使う機会は多くはないかもしれませんが、厳冬期はきっと役立つに違いありません。
使ってみれば効果がはっきりわかりますので、一度使ったら、「グリップヒーターの有無」が、バイク選びの決め手になるかもしれません。