現在125ccの自動二輪の人気が上昇しつつある理由は、維持費の安さと燃費の良さにあります。税金に関しても安く抑えることが可能で、また燃費に関してもリッターあたり30キロや40キロ程度の物も多く、燃料費に関しても抑えることが可能です。
しかし、これだけならば50ccのスクーターでも同様の芸当が可能です。

125ccの魅力はコスト面に優れているという点だけではなく、バイクが持っている走りの面白さを感じられる点にもあります。
50ccには不可能な2人乗りが可能だったり、法定速度が時速60キロであったり、高速道路にも乗れたりと、乗用車と同様の扱いを低コストのままで受けられます。
良く走り、実用的、この2つ要素が人気を博している秘密なのです。

走りの楽しさが追求されたマシン

125ccスクーターは250ccのバイクと比較すると、やはり街中を駆け抜けるような実用性が求められることになります。
そのため、走るのが面白いという人が主なターゲットになっておらず、普段250ccのバイクに乗っていた方からすると少し物足りないと思われることも多いです。

しかし、やはりコストパフォーマンスに優れながらも走りに面白みを見出したい人もおります。
そんな方にはホンダPCXがお勧めです。
PCXの魅力は125ccとは思えないほどのパワフルな加速と走りです。

また、デザインに関してもスポーツタイプのような美しいフォルムをしており、特にヘッドライトやハンドルなどにもデザインがこだわり抜かれております。
フロントマスクについても美しい流線型を描いており、真正面から見るとヘッドライトとマスクの調和の取れたデザインがスポーツタイプのバイクを彷彿とさせます。

アイドリングストップでより実用的な存在に

PCXの大きな特徴の1つに、業界では珍しいアイドリングストップ機能が搭載されている点が挙げられます。
スポーティな外観とパワフルさで125ccとは思えない動力性能の持ち主でありながら、やはりスクーターには必要不可欠な、誰でも乗れるような乗りやすさや普段の生活で多いに役に立つような実用性も取り入れられているのが魅力です。

アイドリングストップの機能をバイクに取り入れてしまうと、停留時にエンジンが止まった後、再始動する際にはスロットルを開けるのと同時にラグが発生してしまいやすいため、立ち上がりに不安が残るものです。
しかしPCXではその不安も見事に払拭。驚くほどスムーズな立ち上がりはこれまでエンジンが止まっていたとは思えないほどのもので、これならば難なく乗りこなすことが可能です。

125ccスクーターという乗り心地や実用性が重視される世界において、PCXのような走ることの面白さが取り入れられているスクーターは他にありません。
毎日使うからこそ実用的であるべきですが、それと同時にバイクでしか味わえない爽快感や楽しさを感じられる機種となっております。