グランドマジェスティ400

スクーターというカテゴリーに求められるのは市街地を移動する走行性能と、収納スペースや乗り心地などの実用性の高さです。
燃費も良く税金もそれほどかからない、コストパフォーマンスに優れている125cc、そして250ccスクーターは走ることの面白さが加わっているマシンが多い。
では400ccというビッグスクーターに求められているのは何なのでしょうか。

ビッグスクーターに求められるもの

400ccという大型のスクーターにも、やはり市街地での走行性や実用性の高さは求められます。
そのため各メーカーがこぞって作ったのは、運転しやすくラグジュアリ感のあるデザインのマシンでした。
しかしこれだけではどこか物足りないと思う方も多いはずです。

老舗国産バイクメーカーの代名詞にもなっているヤマハはこの物足りなさをグランドマジェスティ400というマシンで見事に満たすことに成功しました。
このマシンの魅力は従来通りの街乗りに必要な走りやすさや高級感のある流麗なデザインだけでなく、長距離走行にもあります。

長距離を優雅に走行

長距離走行を可能にしている要素は、シートとフロントに設けられたウィンドスクリーンにあります。
短距離を移動する際には長時間の運転にはなりませんので、若干風を受けた所で何ら問題はありませんが、長距離を移動するとなると、風によって体力が削られることになります。
特に高速道路などを利用すると、横風が少し吹き付けるだけでハンドルが取られてしまい、集中力を割いた運転が必要となるからです。

しかしこのマシンの場合は横風からの影響も受けにくい安定した走行が可能となっており、また正面からの風に関してもウィンドスクリーンがライダーを守ってくれるため、余裕を持った走行が可能となっております。
また400ccならではの加速も魅力の1つ。250ccスクーターの場合には、前を走る車両を追い抜く際にスロットルをかなりひねらなければなりませんが、グランドマジェスティ400ならば持ち前のパワフルさを最大限に出すまでもなく、少しスロットルを捻るだけで楽々加速することが可能です。

このように、長距離運転においては抜群のポテンシャルを持っているグランドマジェスティ400は、実用性という面に関しても申し分がありません。
シートの下に隠れているのはXLサイズのフルフェイスを2つ入れてもなお余裕がある収納スペース。
またハンドル下部にも収納スペースが設けられているため、少し大きめの物まで積載することも可能です。

デザインに関しては、やはりラグジュアリ感が存分に出ていると言えるでしょう。
走りを追求した少しやんちゃなデザインも良いですが、このマシンの場合は落ち着いた大人がゆったりとツーリングを楽しめるデザインとなっております。

街中を駆け抜けるだけでは勿体無い程のポテンシャルを持っているので、余暇にはグランドマジェスティ400に乗って景色を楽しみながらツーリングを楽しんでみてはいかがでしょうか。