フェイズ

250cc以上のスクーターはビッグスクーターと呼ばれますが、このカテゴリーに分類される車種のほとんどはボテっとしたボディをしていて、いかついデザインをしているのが特徴です。
また走りに関しては機敏に動くようなタイプではなく、どちらかと言うとヌルっとした動きの物が多いです。
そのため、バイクに乗る面白さが半減してしまっているというデメリットがあります。

バイクの面白さとは

走る面白さとは、マシンと一体となり風を切る爽快感やよく走りよく止まるという基本的な動き、更にはコーナーワークを楽しむことですが、ビッグスクーターは基本的に街中での移動を目的として作られているため、これらの面白さではなく、便利に乗れることがおおよそのコンセプトとなっております。
勿論ビッグスクーターならではの面白みはそれぞれのマシンごとに異なってきますが、より便利に、より快適にと実用性だけが追求されているマシンにはどこか物足りなさを感じる人も多いのではないでしょうか。

スポーティな機敏な動き

ホンダのフェイズは、そういったスクーターの固定概念を全て払拭する新たなスタイルのビッグスクーターであると言えるでしょう。
特筆すべきはやはりスリムでスポーティに整えられているシャープなデザインとシャープな走りです。
また、値段に関しても徹底したコストダウンによってお手頃な価格となっている点もこのマシンの特徴です。

ビッグスクーターらしからぬデザインに多くの人は、最初は戸惑うことになると思います。
もっといかついデザインのマシンが良いと感じる人も多いとは思いますが、そんな方はぜひ1度このマシンに乗ってみることをお勧めします。

他スクーターには無いような機敏で無駄の無い洗練された走りは若い人から老年ライダーまで、幅広い方々が魅了されること間違いなし。
この動きを可能にしているのはやはりフェイズの特徴でもあるスポーティなデザインです。
余分なものを一切そぎ落とされたデザインは、16キロもの減量に成功した、鍛え抜かれたデザインです。身が軽くなったことにより加速性能も更にアップ。
スロットルを軽くひねるだけでグングンと加速するその様はまるでレース用のマシンに乗っているかのような感覚に陥ります。

また、外部にむき出しになっているサスペンションや、シャープなフロントマスクはスポーツタイプのマシンを彷彿とさせます。
スクーターらしからぬデザインには、走りのポテンシャルを存分に活かすための秘密が隠されていると言っても過言ではありません。

街中を適当に移動するために乗るのではなく、これに乗って外出したいと思わせるようなマシン、それがフェイズです。
走ることの喜びを存分に味わいたいのならば特にお勧めなのが、異質でもあるこの逸品なのです。