海外スクーターメーカー

日本国内には世界でも活躍しているスクーターメーカーがいくつもあります。ヤマハ、ホンダ、スズキ、カワサキが国内の4大メーカーとして知名度も高く、特にヤマハは老舗バイクメーカーとして現在でも世界中から注目を集めています。

国産バイクの特徴としては、やはり日本らしい繊細な走りが一番に挙げられます。
勿論デザインが良い物もあったり、使い勝手が良く乗りやすいバイクがあったりするなど、細かな気遣いが見られることも魅力ではありますが、デザインに関して言うのであれば海外メーカーの方が一枚上手であると言わざるを得ません。

ダイナミックな走りがしたい

アメリカの代表的なバイクメーカー、ハーレーダビットソンは日本でも有名です。
大型バイクの製造が主となっておりますが、実はスクーターも製造しています。
大型バイク作りで培われた独自の技術がスクーターにも活用されており、爆発力のあるダイナミックな走りをしたい人にはお勧めです。
またハーレーならではのデザインがスクーターにも取り入れられていますので、このデザインが気に入って購入を決意する人もいるようです。

アメリカにはもう1つ、ボスホスというメーカーがありますが、こちらは超大型クルーザータイプのバイクを専門に製造しているメーカーで、スクーターは作っておりません。

デザインで選ぶならヨーロッパメーカーがお勧め

日本は繊細な走りが特徴、アメリカはダイナミックさが特徴と言うのならば、ヨーロッパメーカーはデザインで勝負していると言っても過言ではありません。
また、乗り心地に関しては日本製のスクーターに若干劣ってしまうものの、それでも許容範囲内のマシンも多く、実用性にあまり欠点が見られないような、隙が無い作りになっています。

ヨーロッパの中でも特にメーカーが集中しているのはイタリアです。
ヨーロッパで最大手のバイクメーカー、ピアジオや、個性的で独創的なデザインが特徴のベネリ、老舗メーカーで優美とエレガントさが特徴のモトグッツィなどがあります。

中でも注目したいのはです。
スクーターの原型にもなったべスパを開発したのもピアジオで、街中の移動をより手軽に行えるようにした、まさにスクーター時代を作り出したパイオニアであると言えるメーカーです。
ピアジオはヨーロッパメーカーらしい隙の無いマシン作りがされており、またデザインについても街中で使用されることが加味されていて、センスが良いオシャレなデザインにまとまっているのが特徴です。

スクーターを購入しようと考えている方は、何を重視するかによってメーカーを選んでいくのがお勧めです。
オシャレなデザインを求めるのならばヨーロッパメーカーを、走りやすい物を選びたいのなら日本のメーカーを選ぶのが良いでしょう。